綺麗になる秘訣|ボトックス注射でもう臭わない

女の人

手軽なアンチエイジング

注射器

表情ジワに著効あり

ボツリヌス菌は食中毒の原因になる細菌ですが、使い方によっては人類に利益をもたらします。ボツリヌス菌の分泌する毒素は、人間の神経伝達物質であるアセチルコリンを阻害し、興奮が伝わりにくくする作用があります。けいれんや斜視などは筋肉の異常な興奮が原因なので、ボツリヌス菌を使った薬で治療することができます。この作用を美容整形に応用したのがボトックス注射です。1980年代から研究が始まり、現在では欧米各国でシワの治療薬として認可を受けています。細菌というイメージから危険な薬を想像しがちですが、ボトックス注射は人体への毒性はなく、高い安全性が確認されています。ボトックス注射は表情ジワの改善には特に高い効果が期待できます。目尻の笑いジワや眉間の縦ジワなどは、同じ表情を頻繁に繰り返しているとできやすくなります。ボトックス注射によって表情筋の緊張を緩め、同じ表情を作らないようにすれば、シワも自然に解消されていきます。シワが解消されれば肌のハリも次第に戻ってきて、顔全体が若返るアンチエイジング効果も期待できます。このときヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入すれば、より効果的にシワを取れるというメリットがあります。ボトックス注射を続けていれば、新たなシワができにくくなるのも長所のひとつです。ただし表情ジワ以外のシワには効果が薄いと考えられるため、適切な施術を組み合わせることが重要になります。経験豊富な専門医に相談して、最も効果のある施術を選んでください。

広い応用範囲が特徴

ボトックス注射は手術を必要としないため、手軽に受けられるプチ整形として人気があります。切らないので痛みや腫れがほとんどなく、5分程度で施術が終了します。ダウンタイムも短く、メイクやシャワーは当日から可能です。また傷跡が残る心配もありません。効き目には個人差がありますが、長くても1週間程度で効果が実感できると言われています。ボトックス注射の効果はシワ取りだけではありません。咬筋が発達してエラが張っている方には、頬の部分に注入することで、顎を細くし小顔にする効果が期待できます。また部分痩せにも用いられます。ふくらはぎなどの筋肉太りは、脂肪を落とす通常のダイエットで細くすることはできません。そんなときボトックスを注入すれば筋肉が緩み、太さが目立たなくなります。そのほか多汗症に適用されることもあります。脇の下にボトックス注射を行ない、汗腺の働きを弱めることで、わきがの原因を取り除くことができます。応用範囲が広く、ほとんどの美容整形外科で取り扱われているボトックス注射ですが、十分な効果を発揮させるには医師の経験と技術が必要です。注射量が多すぎると顔面が麻痺することもある一方で、少なすぎると効果が実感できません。同じ量でも注射する位置や深さ次第で、効き方が微妙に変わってきます。とにかく早くシワをなくしたいのか、自然な表情を保ちつつシワを薄くしたいのかによっても、適切な注射方法は異なります。事前のカウンセリングで、はっきりと希望を伝えることが大切です。