綺麗になる秘訣|ボトックス注射でもう臭わない

婦人

多汗症治療にも有効な注射

脚

効果持続性の不満解消

汗というのは自分の意思とは無関係に出てしまうものです。暑いときに出る通常の汗なら、服装や室温を調節することである程度コントロールすることもできます。緊張やストレスが原因で出る冷や汗や脂汗はそうした調節も困難です。異常に汗が出てしまう多汗症体質の人にとって、日頃の汗対策は欠かせません。腋の下に発生する汗の量が多すぎると衣服にしみを作ってしまうため、人前に出ることができないという汗恐怖症の人もいます。最も手軽な汗対策は、市販されている制汗剤を使う方法です。スプレー式やスティック式・クリーム式などいろいろな製品がコンビニやドラッグストアで売られています。ただしこの方法は、病的なくらい汗の多い多汗症の人には効きにくい面があります。効果の持続時間も長くて数時間程度です。病院で処方してもらう抗コリン薬という制汗薬は神経末端に作用するため、全身の汗を抑えるのに効果的です。この薬も持続時間は限られており、個人差はありますがたいてい1日以内に効果が切れてしまいます。その点イオンフォレースという治療法は1週間から最大2週間は効果が持続します。水道水に手や足を入れ、弱い電流を流すことで汗腺の働きをブロックする方法です。しかしながらこの方法にも妊婦や体内に金属の入っている人には使えないという難点があります。使用できる人でも、もっと長い期間効果が持続できたらと思っている人は少なくありません。半永久的に汗を出なくする局所治療としては、超音波手術やビューホットといった方法もあります。汗を出す元の汗腺そのものを破壊する方法ですので効果は最も高いですが、手術に伴うリスクを心配する人もいます。そんな人たちの間で人気を集めているのが、シワ除去や小顔矯正にもよく使われるボトックス注射です。手術と違って半永久的というわけにはいきませんが、薬より持続期間が長く最大で半年は制汗効果が持続すると言われています。

ボトックスの効果とは

ボトックス注射は美容や整形の分野ですでに高い実績を上げています。特にシワ除去効果に優れており、若返りの方法として多くの美容クリニックに採用されているのです。ボトックス注射に使われるボトックスという物質は、ボツリヌス菌の毒素から作られます。ボツリヌス菌は食中毒を起こす細菌として知られていますが、ボトックス自体は顔面けいれんの治療薬として医薬品にも使われています。食中毒の原因となるボツリヌス毒素は、筋肉弛緩と神経遮断作用によって四肢の麻痺を起こします。弱いながらもボトックスにはその作用が残されており、筋肉収縮作用を弱めてシワをなくしてくれるのです。そのボトックスは神経の遮断作用も持つため、汗を抑える働きが期待できます。汗を出す際には交感神経が働いて神経末端から汗腺へと指令を出していますが、このとき分泌される成分がアセチルコリンという神経伝達物質です。抗コリン薬はこのアセチルコリンの作用を阻害することで、一時的に汗を出にくくしていました。ボトックスにも同様の神経遮断作用があるため、汗を抑えることができるのです。抗コリン薬が全身の汗を抑制するのに比べ、ボトックス注射は局所的な汗を抑えるのに適しています。多汗症の治療に使われるボトックス注射は、美容目的の施術よりも皮膚の浅い部分に打ちます。そうすることで筋肉への影響を最小限に抑えながら、汗だけを効果的に抑えているのです。シワ除去のケースと同様に、汗を抑える目的で打たれるボトックス注射でも医師の腕前が物を言います。上手な医師に注射を打ってもらえば、周囲の神経や血管を傷つけることなく汗を抑えることに成功します。そうした良い医師が見つかれば、多汗症の治療としてボトックス注射を試してみる価値はあります。手術にはなかなか踏み切れないという人も、注射1本で最大半年間は腋の下の汗を気にせず生活できるのです。

手軽なアンチエイジング

注射器

ボトックス注射は筋肉の興奮を和らげる作用があり、表情ジワの改善には特に有効な方法とされています。注射だけで終わり体への負担が軽いため人気があります。小顔整形・部分痩せ・多汗症の治療などにも応用されます。

読んでみよう

人気の施術

ボディ

小顔効果や痩身効果、シワ取り効果を期待することが出来るとして人気を集めているのが、ボトックス注射です。施術を受ける際には、費用だけではなく、実績なども確認し、納得した上で受けるということがトラブル防止のためにも大切です。

読んでみよう

気になる顔のシワを解消

美容整形

お顔の気になるシワにはボトックス注射がおすすめです。表情筋の動きを弱めて麻痺させる事でシワが目立たなくなります。信頼出来るドクターに施術してもらう事がポイントです。また基本的に副作用はなく、厚生労働省からも認可されている治療なので安心して受けられるでしょう。

読んでみよう